腕時計の一流ブランド「ロレックス」

腕時計の一流ブランド「ロレックス」

時計製造のパイオニア

1905年、ドイツ生まれのハンス・ウィルスドルフがロンドンに設立した時計専門会社「ウィルスドルフ&デイビス社」が、現在のロレックスの起源となっています。当時はまだ懐中時計が主流の時代でしたが、ウィルスドルフは1907年に会社をスイスに移転した後、本格的に腕時計の製造を開始しました。その翌年には自社ブランド「ロレックス」を誕生させ、さらに1910年には腕時計初となるクロノメーター公認を取得します。これにより腕時計の高い精度を証明し、ロレックスの名を世界に広く知らしめたのです。

腕時計界に衝撃を与えたロレックスの3大発明

1926年、ロレックスは高い防水性を備えた世界初の腕時計「オイスター」を発表します。防水時計が存在していなかった当時、ムーブメントを完全密封のケースで保護することで、高い防水機能を実現しました。そして1931年には自動巻き機構「パーペチュアルローター」を発明。このメカニズムは、現在の自動巻腕時計の原点となっています。
1945年には、ダイアルの小窓に日付を表示した世界初の腕時計を登場させ、午前零時になると一瞬で日付が替わる「デイトジャスト機構」を発表します。こうした機能は、時計界の常識を覆した3大発明として、ロレックスの地位を不動のものとしました。

圧倒的な信頼性により得られるステータスシンボル

世界中で高い知名度を誇るロレックスは、全ての部品を自社製造しており、高級であることを納得させられるだけの圧倒的な機能性・デザイン性が備わっていることが人気の理由です。防水性を証明するためにドーバー海峡を横断したり、エベレスト登頂や潜水実験を行ったり、過酷な環境下でも完璧に動く機能性を証明した事実は、人々から高い信頼性を獲得しています。また、流行に左右されないデザインは時代を超えて使い続けられるため、まさに一生ものの時計だと言えるでしょう。
シリーズも数多く存在しており、ロレックス初となる完全自社開発クロノムーブメントを搭載した「デイトナ」、実用的なデザインでスポーティーな仕上がりの「エクスプローラー」、デイトジャスト機構をそのままシリーズ名にした「デイトジャスト」、ロレックスを代表する世界初のダイバーズ・ウォッチ「サブマリーナ」など、現在では男性用だけでなく女性用やペアウォッチも展開しています。
ロレックスは、歴史の積み重ねによる確かな品質と実力の高さが認められており、今やステータスシンボルとなっています。

お問合せ・買取依頼
  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
  • 高額買取
  • 買取実績
  • ブランドハット営業日カレンダー

    赤印の日が定休日となります。

    Calendar Loading
    Calendar Loading
    完全個室
  • 個室人目を気にせずゆっくりとお待ちいただける買取ブースを完備。女性の方でも安心してご来店いただけます。
  • 無料駐車券
  • 無料駐車券ご来店のお客様は津市営お城公園駐車場をご利用下さい。無料パーキングチケットを差し上げます。
  • ブランドハットアメブロ
  • Facebook こちらの情報もチェック
  • 類似サイトにご注意ください